【人狼J】 役職説明・解説 【暗殺者】

 スポンサーリンク

暗殺者

人狼ジャッジメント©sorairoより引用

陣営 市民陣営
カウント 市民として数える
勝利時役職ボーナス 8pt

占い師 人狼でない
霊能者 人狼でない
子狐 人狼でない
賢者 暗殺者
妖術師 暗殺者
賢狼 暗殺者

2日目以降の夜時間に、1度だけ誰かを選び暗殺することができる。

選んだ人物が狩人と罠師に守られていても暗殺することができる。

ただし、聖職者と巫女の聖なる護りにはガードされてしまう。

サイコを暗殺しようとすると、自身だけが死亡してしまうので注意。

ただし、聖職者による聖なる護りを受けていた場合はサイコだけが死亡する。

対抗や乗っ取りが出現しにくい役職で、

仮に対抗COが出現しても、夜時間にお互いを暗殺すれば、

暗殺の能力を持たない偽物だけが死亡して、残った人物の真が確定する。

ただし、偽物が人狼だった場合は自身も襲撃される可能性が高いため、

暗殺者COした2人のうちどちらが真でどちらが偽かは不明となってしまう。

また、お互いではなく第三者を暗殺先に選んだ場合、

暗殺先と噛み先を合わせられる危険性もある。

Q&A 暗殺者の暗殺先と、人狼の噛み先が合わせられる理由って?】

何にも阻まれず人外陣営を死亡させる能力があるため、

市民陣営にとって大きな戦力となる。

そのゆえに、昼時間には処刑されないように、

夜時間には人狼に襲撃されないように立ち回らなければならない。

また、いつでも暗殺できるように、

常に誰が人外かを見極めておかなければならない。

ちなみに、任意の人物が番犬に守られていても暗殺することは可能だが、

番犬は飼い主を噛み殺すこともできるので、

1度だけしかない暗殺の能力は使わない方が良い。

⇒能力が似ている役職 独裁者 魔女

 スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする