【人狼J】 役職説明・解説 【長老】

 スポンサーリンク

長老

人狼ジャッジメント©sorairoより引用

陣営 市民陣営
カウント 市民として数える
勝利時役職ボーナス 8pt

占い師 人狼でない
霊能者 人狼でない
子狐 人狼でない
賢者 長老
妖術師 長老
賢狼 長老

夜時間の襲撃に1度だけ耐えることができる。2度襲撃されれば死亡する。

ただし昼時間の処刑や、猫又などの道連れ、魔女の毒殺など、

襲撃以外の要因では1度で死亡する。

長老が死亡した場合、

市民陣営全員の能力が失われ、“市民”となってしまう。

聖職者と巫女の聖なる護りも解けてしまうので要注意。

長老が死亡することで、女王、呪われし者、生霊も市民となるので、

村の状況によっては、積極的に長老を処刑する戦法もある。

長老に対抗が出現すると、

市民陣営はまずローラーすることができない。

それを見越した人外陣営が、積極的に対抗COを仕掛けてくるポジションである。

Q&A 長老COに対抗が出現したらどうすればいい?】

市民陣営の中では、女王に次いで重要度が高い役職と言える。

基本的には潜伏が安定だが、処刑されそうになった場合は、

たとえ人外による対抗が出現する可能性が高くても、

必ず回避COしなければならない。

ただし、偶数村なら長老が1度襲撃されることで縄が増えるので、

自発的にCOすることもアリ。

その際はできるだけ、対抗が出現しにくいCOの仕方を心掛けよう。

Q&A ギドラCOって何?】

なお、役欠けルールにより長老が欠けても、

市民陣営の役職が消滅することはない。

 スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする