【人狼J】捨てる黒猫あれば、拾う純愛者あり

 スポンサーリンク

初日 ~ 黒猫よ、占い師COしたまえ ~

人狼ジャッジメント

■あらすじ

一匹狼のスーザンは、すべて見えていた。

強欲な人狼のアンナ、そして黒猫のニック。

この配役だと、一匹狼より黒猫が占い師に出る方がベターだが、

果たしてニックはその強みに気付いているだろうか。

いや、気付いていない。

それどころかニックは、霊能者COしてしまい――?!

■使用キャラクター人狼ジャッジメント                        

■役職:一匹狼

■ルール

・中級11人村(野良)

・役職希望:なし

・役欠け:なし

・投票:見える

・初日ランダム白

・連続ガード:あり

・新聞配達:毎日

・一匹狼が認識できる範囲:全部

■市民陣営

市民 市民 占い師 霊能者 狩人 猫又 新聞配達

■人狼陣営

黒猫 強欲な人狼 一匹狼

■その他陣営

純愛者

■参加キャラクター

人狼ジャッジメント

初日の夜が訪れました。

と同時に、一匹狼であることを確認。

今回の一匹狼は、人狼陣営が誰なのか、

その役職ごとすべてを認識することができます。

人狼ジャッジメント

と、いうことで。

どうやら相方である強欲な人狼が、アンナ

黒猫がニック、みたいです。

狂人系の役職がいないので、

占い師の対抗には黒猫のニックか、

人狼陣営のすべてを把握している一匹狼のスーザンが出るべきでしょう。

ふむ。

普通に考えれば、

ここは、すべてを把握している一匹狼が占い師に出る。

それが自然な考え方です。

ただ、この配役では、

一匹狼より、黒猫が占い師対抗する方が強いように思います。

何故なら、この配役の中には猫又新聞配達がいるから。

なぜ、猫又と新聞配達がいたら、

黒猫が占い師対抗した方が良いのか。

それは、もしも夜時間に猫又を襲撃してしまったら、

人狼はランダムで一人、道連れとなってしまい、

さらに翌日には、新聞配達の能力によって、

道連れになった人物、つまり人狼が誰なのか明るみに出てしまうからです。

という訳で、人狼側の心理として、

「絶対に猫又だけは噛みたくない」という前提が生まれます。

では、猫又への襲撃を避けるために、

人狼はどのような行動をとらなければならないのか。

答えは1つ。

CO済みの役職を襲撃することです。

この配役とルールなら、ほぼ間違いなく、

2日目の序盤には、占い師と霊能者がCOしてくるでしょう。

狩人の護衛や、純愛者の愛する人などで、

思いどおりに襲撃成功とはならないかもしれませんが、

それでもこれで、2つの噛み先が確保できたことになります。

ここで、占い師には黒猫が対抗に出た方が良いという話に戻ります。

言うまでもなく、

人狼にとって、占い師というのは厄介極まりない役職です。

猫又を襲撃しないための安全な噛み先、だとか、

そんなもの以前に、早急に舞台から去って欲しい存在です。

もしも人狼が占い師COしたとしたら、

その人狼は、当面の間は吊り位置から外れ、

仲間の人狼も的確に囲うことができます。

しかし一方で、

真占い師を襲撃しづらくなるというデメリットも抱えなければなりません。

2人いる占い師のうち片方が襲撃されてしまうと、

残った占い師はどうしても黒目が上がってしまうもの。

そして、安定進行で吊られる。

オチとしては、大概こんな感じです。

また、最悪の展開として、

うっかり猫又を襲撃してしまい、占い師COしている方の人狼が道連れになり、

翌日の新聞でそれが明るみになってしまったら……、と考えると、

仲間の人狼を囲うことにも躊躇いが出てしまいます。

そこで、占い師の対抗に黒猫です。

黒猫であれば、

真占い師を人狼が襲撃し、翌日に安定進行で吊られたとしても、

人狼以外の道連れが発生し、大きな狼利となります。

(逆に村利になってしまうこともよくありますが)

たとえ人狼が黒猫の方の占い師を襲撃したとしても、

残った真占い師の真目はガタ落ちとなり、

安定進行と称して吊ることが可能です。

もっと言えば、

占い師に出た黒猫が、人狼に白出しして囲ったとします。

その囲われた人狼が猫又を襲撃、道連れとなり、

翌日の新聞に載って占い結果が破綻したとしても、

黒猫であれば、どうぞ吊って下さいという願ったり叶ったりの状況です。

うん。

話は長くなりましたが、それらのメリットを踏まえれば、

ここはやはり一匹狼ではなく、

黒猫が占い師COした方がベターではないでしょうか。

という訳で、

ニックには是非、占い師COして頂きたいところ。

……でもやっぱり普通は、

すべてを把握している一匹狼が占い師に出るべき、って考えるよね。

とりあえず、ニックが対抗に出なかった場合に備えて、

いつでも占い師COできるようにだけはしておこうかな。

2日目 ~ そりゃないよニック! ~

2日目が始まりました。

おはようスタンプが一通り流れたところで、

今度は「280」「280で合わせて」「280よろ~」などの文字が飛び交います。

そして迎えた、280。

「ヒュー白」の文字を投下したのは、フェイ。

人狼ジャッジメント

そしてCO。

真占い師のご登場です。

対して黒猫のニックは、占い師に出る様子がありません。

うーん。

まぁ、一匹狼がいたらそうなっちゃうよね。

278、あらかじめ入力していた「メリル白」の文章を投下し、

スーザンが占い師CO。

人狼ジャッジメント

数秒遅れたとは言え、

なんとか不自然ではないタイミングでCOできました。

占い結果が先、COがその直後。

占い師は最近この出方が主流ですよね。

なんならCOを先にしちゃうと、人外目がドドンと上がっちゃうくらいに。

さて。

これで、占い師は揃いました。

あとは霊能者が出るかな。

できれば、もう少し噛み先を増やすためにも、

グレーを狭めると称して新聞配達も出してしまいたいところ。

人狼が占い師に対抗するメリットって、そこよね。

潜伏している黒が一人分少なくなるわけだから、

ちょっとだけ強気にグレーを狭められる。

ただ今回は、

猫又を噛んで、アンナが道連れになる(=人狼確定)というケースもあり得るので、

占い結果の破綻を避けるためにも、

相方であるアンナに白を出すことはできないんだよね。

う~ん……。

やっぱり、人狼の占い師騙りでは厳しいかなぁ。

と、そこへ、

人狼ジャッジメント

リリアンが霊能者CO。

純愛者が霊能者を騙る必要は……、この時点ではないな。

恐らくは真ですね。

ここからは彼女(?)が進行役となるでしょう。

……と、思っていたら、

人狼ジャッジメント

黒猫のニック、霊能者CO

えええええっ!?

そりゃないよニック!

なんだ? なんだ?

まさか霊ロラ狙いなの?!

そんなことされたら、

占い師に人狼が出ていることがバレてしまうじゃないかー!!

かなり動揺しながらも、

それを押し隠してチャットに参加します。

 
人狼ジャッジメント 2:2~?
人狼ジャッジメント 普通に考えて、霊能に黒猫、占いに一匹狼か
全見えの一匹狼だしね 人狼ジャッジメント
人狼ジャッジメント この配役で2:2になったら、

まず霊ロラにはならんのにな

人狼ジャッジメント ああ、それを見越して狼が霊能に出てきたのかー  
人狼ジャッジメント  いや、普通にスーザン狼だと思うけどな  
人狼ジャッジメント 完 全 占 い ロ ラ 希 望  
人狼ジャッジメント 占い狼だろうけど、ロラはなしやわ

全見えの一匹狼なら絶対どっかで相方を囲ってくるやろ

 

アンナ、フェイが一匹狼なら尚更囲わないと思うよ

人狼ジャッジメント
人狼ジャッジメント あ? なんで?  

猫又踏んだ時に、“道連れ”って新聞に載るからね

人狼ジャッジメント
人狼ジャッジメント

その場合の“道連れ”って、狼確定だからね

 
人狼ジャッジメント

相方が道連れになったら、占い結果が破綻するからね

 
人狼ジャッジメント からねからね、うるせーなw
人狼ジャッジメント 占い吊るなら決め打ちかな
人狼ジャッジメント さすがに初日から占い決め打ちは情報無さすぎじゃね?
人狼ジャッジメント 完 全 霊 能 ロ ラ 拒 否  
人狼ジャッジメント

オカマの生存意欲強すぎて草

 
人狼ジャッジメント

とりあえず新聞配達出て進行してくれー

 
   

どうやら今のところ、

「占い師のスーザンとフェイのうち、

どちらかが一匹狼と見て間違いないだろう。

しかし、初日で真を決め打つには情報が足りない」

というのが民意の模様。

やはり、占い師に一匹狼が出ていることはバレています。

黒猫のニックが霊能者COして2:2盤面になったことで、

“もしかしたら、占い師を騙っているのは黒猫なのでは?”という疑惑も、

こうなっては追わせられません。

まぁ、この配役なら、

一匹狼が占い師の対抗に出ることはごく自然なことですからね。

仕方のないことだと言えるでしょう。

……それにしても、

みんながみんな、“占い師の騙り = 一匹狼”という発想になるとはね。

もはやこれは、思考ロックと呼んでもいい。

仮に、もしこれが逆だったら。

スーザンとニックが逆にCOして2:2盤面になったら、

めちゃめちゃ強かったんじゃないの?

うん。

今度同じような展開になったら、

ちょっとやってみようかな。

たぶん、非常に読みづらい戦法ではあると思う。

そんなふうに、

すでに次のゲームに向けて想いを馳せていると、

人狼ジャッジメント

トーマスが新聞配達CO

あれ? なんで?

いや、人狼陣営としては噛み先が増えるのでラッキーなのですが。

とは言え、ここは市民陣営ならツッコミの1つでも入れるのが筋というもの。

真占い師らしく、余裕たっぷりな感じを文章に滲ませながら、

なぜ新聞配達であることを明かしたのか、トーマスを問い詰めましょう。

 
人狼ジャッジメント トーマス、なんで出た??
人狼ジャッジメント 2:2で進行いないし
おーい、猫又いる部屋で

狼の噛み先を増やしてどーするのー

人狼ジャッジメント
人狼ジャッジメント えー別によくね?

この村の新聞って、

夜に狼が猫踏んだ時にだけしか役に立たないし

グレ圧迫しとく方がいいんじゃね?

人狼ジャッジメント 市民2人だぞ?

圧迫にならんと思うが

 
バニラ謎理論だなぁ

グレー噛ませて、ワンチャン猫踏ませた方が強いのにー

 人狼ジャッジメント
人狼ジャッジメント まぁ、対抗もないし

トーマス進行頼むわ

 
人狼ジャッジメント つかね、ニックいないんだわ  
   

ええっ?

な、なんですと?

ニックがいない?!

トーマスの発言に、大慌てでニックのログを確認します。

確認して、びっくり。

ニックの発言は、

おはようスタンプに始まり、

霊能者COで終わっています。

たったこれだけ。

そりゃないよニック……。

これじゃ全力で吊られに来てる黒猫丸出しじゃないの……。

霊ロラ狙いなら、

せめて真霊能者であるリリアンを先に吊る努力をしようよー!

黒猫ってのはな、

吊られるだけが仕事じゃないんだぞー!

 
人狼ジャッジメント まーニックは黒猫でしょ
人狼ジャッジメント どうする? 黒猫吊ってる余裕ある?
人狼ジャッジメント はい誰か縄数えるの得意な人ー
人狼ジャッジメント ニックが黒猫だとしたら、

まず2人死んであと9人

 
あ、純愛者の愛する先に当たったら最悪3人死ぬよ  人狼ジャッジメント
人狼ジャッジメント で、夜は狩人に守られなかったら、

強欲発動で村2人が抜かれる

 
人狼ジャッジメント 猫踏んでくれたら3人だがな  
   

この部屋は、

強欲な人狼、黒猫、純愛者の3役職がいることで、

かなり縄の数が変動します。

サクッとまとめますね。

①人狼陣営にとって最高のパターン

・ニック吊り ※ニック、もしくはニックの道連れが純愛者の愛する先

黒猫、黒猫の道連れ(フェイ・リリアン・トーマス以外)、純愛者の3人が死亡

・強欲な人狼が能力を発動

霊能者リリアン・新聞配達トーマスの2人が死亡

翌日の生存者6人 縄2

①の場合、人狼は2人とも生存するので、

市民陣営は、占い師決め打ち(1/2の確率)と、

市民決め打ち(1/3の確率)、もしくは狩人・猫又決め打ち(1/2の確率)を、

2連続で成功させなければならない。

市民陣営にとってかなりシビアなルートとなる。

②人狼陣営にとって最悪のパターン

・ニック吊り

黒猫、黒猫の道連れで占い師フェイ2人が死亡

・強欲な人狼が能力を発動 ※狩人の護衛が成功する

霊能者リリアン・新聞配達トーマスのうち1人が死亡

翌日の生存者8人 縄3

②の場合、占い師に人狼が出ていることが確定となるので、

真占い師であるフェイが黒猫の道連れになった時点で、

スーザン吊りは絶対に避けられなくなる。これで縄1つを消費。

また、狩人も猫又の生存が確定しているので、FOでグレーを圧迫。

CO無し(市民)が3人にまで絞れてしまうため、

アンナは残る2縄をなんとか回避しなければならない。

③たぶん一番起こるだろうパターン

・ニック吊り

黒猫、黒猫の道連れ(フェイ・リリアン・トーマス以外)の2人が死亡

・強欲な人狼が能力を発動 ※狩人の護衛が成功する

↓ 死亡者1人 (市民陣営のうち1人)

翌日の生存者8人 縄3

人狼は猫又を襲撃するわけにはいかないので、

今COされている占い師、霊能者、新聞配達のいずれかを噛まざるを得ない。

それ故に、狩人の護衛が入る可能性は大いにある。

ただし、もし狩人の護衛が失敗し、夜時間に2人襲撃できたとしても、

翌日の生存者は7人で、縄の数は3つと変わらない。

うん。

ちょっと頭がこんがらがってきました。

とりあえず人狼としては、

どうにかして①のパターン、もしくはそれに近い展開になってほしいところです。

 
人狼ジャッジメント つまり最悪でも2縄は残る計算だよ
人狼ジャッジメント トーマスどうする?
人狼ジャッジメント ニック吊りで

占い師は明日決め打ちな

   

縄の計算をしていたらあっという間に時間が過ぎ、

満場一致でニック吊りが決定しました。

ニック吊りが決定したら、

人狼であるスーザンには1つ、やらなければならないことがあります。

そうです。

「フェイだけは道連れにしないで」と神に祈ることです。

黒猫であるニックが吊られると、人狼以外の人物が道連れになります。

つまり、誰の目線でもニックが黒猫であると確定します。

つまり、占い師COしたスーザンとフェイのうち、1人は人狼であると確定します。

つまり、フェイが道連れにされたら、残ったスーザンは人狼であると確定します。

つまり、スーザンの処刑が確定します。

ここで死んでは、ほぼ人狼陣営に勝ち目はありません。

相方であるアンナのためにも、

また、この事態を引き起こした張本人であるニックのためにも、

スーザンは絶対に生き残る必要があります。

だから、お願い。

あのキノコを連れていかないで……!

そして、運命のニック吊り。

人狼ジャッジメント

道連れに選ばれたのは、

人狼ジャッジメント

ジェイでした。

ナイス!

ナイスだニック!

祈りは天に届いたようです。

フェイの道連れを避けられたばかりか、

何の役職もCOしていないジェイを持っていってくれるなんて。

これで今夜は、

霊能者リリアンと新聞配達トーマスを襲撃することができます。

安全な噛み先を残してくれて、本当に助かりました。

さあ、夜時間が始まります。

アンナよ。強欲な人狼、アンナよ。

分かっているよね?

とりあえず一匹狼であるスーザンは、

“トーマスを襲撃する”という操作をしておくわ。

強欲な人狼であるアンナは、

“リリアンとトーマスを襲撃する”という操作をしてちょうだい。お願いよ。

たとえ狩人の護衛が入って、

リリアンとトーマスのうち1人しか噛めなくても、

明日の生存者は8人。縄の数は3つ。

2人噛めたとしても、生存者7人で縄3つ。

縄の数に変化はないんだから、GJなんて怖くないんだ。

だから、堂々と能力を発動させてくれ。

と、その時――

フッと嫌な考察が脳裏によぎりました。

「これ、実はトーマスが猫又だったらどうしよう」と。

ニックが霊能者に対抗COしたことで、すっかり動揺してしまい、

その可能性を完全に失念していました。

猫又は、人狼に襲撃してもらうのが仕事。

その為には、自らを美味しい噛み位置に立たせる動きをしなければなりません。

思い返せば、

トーマスが新聞配達COした理由とタイミングは不可解そのものでした。

「2:2で進行いないし」

確かトーマスは、そんな奇妙なことを言っていました。

これは……、トーマスが猫又と新聞配達をスイッチしているのでは?

あり得ます。

本当に潜伏しているのは、新聞配達の方。

その真の新聞配達が空気を読んで、

トーマスの騙りを許しているのかもしれません。

だとしたら、……マズイ!

もしかして、まんまと猫又に乗せられてしまったのか?

これがホントの“猫まんま”というヤツか!

そんな馬鹿馬鹿しいことを考えているうちに、

人狼ジャッジメント

霊能者であるリリアンが噛まれました。

そして、

人狼ジャッジメント

新聞配達であるトーマス  噛まれました。

ええっ?

どういうこと?

リリアンもトーマスも襲撃成功しちゃった?

なんで?

狩人は霊能者も新聞配達も守らなかったってこと?

変態護衛ってこと?

とにかく、“猫まんま”でなかったことは確かみたい。

良かったね♪

……って言うてる場合か!

ううー、ダメだ。

頭が混乱していて考えがまとまらない。

とりあえず、アンナ。ありがとう。

よくリリアンとトーマスを噛んでくれた。

まぁ、安全に噛める箇所と言えばこの2人しかいないワケなんだけど。

ふぅ。

落ち着かなきゃ。

今のスーザンは、誰よりも正しく盤面を読まなきゃならない立場なんだから。

大きく深呼吸して、3日目を迎えます。

【2日目までの盤面】

人狼ジャッジメント

【占い結果】

フェイ ⇒ ヒュー白

スーザン ⇒ メリル白

リリアン ⇒ なし

3日目 ~ これが……、これこそが、本物の愛 ~

霊能者リリアン、そして新聞配達トーマス。

この2人の襲撃が成功した理由。

てっきり狩人の変態護衛かと思いましたが、

ここで占い師・片白・グレーを守るメリットはまるで無いです。

その理由は、

・占い師護衛

占い師の中に人狼が出ていることが明白な盤面であるため、

そもそも人狼は占い師を襲撃しない。

(一方の占い師の襲撃に成功すると、

残ったもう一方の占い師が人狼であると確定してしまうので)

 

・片白とグレー護衛

片白とグレーの中に猫又は潜んでいるため、

そこを護衛すると、人狼が猫又を襲撃する機会を奪うことに繋がる。

以上の点から推察するに、

導き出される答えが1つあります。

それは、もう狩人は死んでる説。

これ、たぶん、

ニックに道連れにされたジェイが狩人だったんじゃないかなぁ。

いやぁ……、どうしよう。

本来であれば、狩人を道連れにできたことって、

すごく喜ばしいはずなんだよね。

でもなぁ……、これじゃあジェイが狩人だって全目線で分かっちゃったんだよな。

つまり、役職が確定しちゃったわけ。

グレーを詰められちゃったも同然なのよ。

そんなふうに悶々としているうちに、3日目の夜が明けました。

生き残った7人が、次々とおはようスタンプをプッシュします。

占い師COをしているスーザンは、

このあとに占い結果を落とさなければなりません。

誰に白を出すのか、あるいは黒を出すのか。

今日のこの二択で、人狼陣営の勝敗が決まると言ってもいい。

それほど重要な分岐点です。

実は、その白か黒かの占い結果に関して、

ひとつの作戦があります。

これからスーザンは、ある人物を指して黒出しをしようかと思います。

その理由は、ただもうひたすらに真目を上げるためです。

真目を上げて、対抗のフェイに勝つためです。

なぜ黒出しで真目が上がるのか。

それは、

「人狼なら、猫又に黒出しをして破綻してしまうことを怖がるはずだ」と、

思わせることができるからです。

今、猫又は確定で生存しています。

その人物を黒だと言って、猫又COをされてしまったら、

相方であるアンナが対抗COをしてくれない限り、占い結果は破綻することになります。

そうなれば、スーザンは即処刑。

夜時間に真占い師であるフェイを襲撃することはできても、

翌日は生存者5人のうち、確白が3人(フェイの白出し2人と猫又)の状態で、

アンナは戦わなくてはなりません。

というか、確白ではない人物のロラで人狼陣営は確定負けです。

また、今日フェイがアンナに黒出しをする可能性もあります。

そうなればますます我々の負けは早まります。

つまり、ここで黒出しをすることは人狼にとって非常に危険であるということ。

逆に言えば、もし今日フェイが白出しをしようものなら、

「フェイは人狼だから、猫又に黒出しをしてしまうことを怖がったのだ」と

殴ることができるわけです。

リスクの高い賭けであることは重々承知。

しかし、攻勢に出るなら今と見ました。

ここでスーザンを真決め打ち、

最低でも占い師ロラにまで持ち込むつもりです。

それに、見つけたんです。

「この人はきっと猫又ではない」という人物を。

 
人狼ジャッジメント 占い280
人狼ジャッジメント 遅れたら吊りまーす

バニラ黒

人狼ジャッジメント
人狼ジャッジメント  アンナ黒  
人狼ジャッジメント えー?  
人狼ジャッジメント はー?w  
   

そう、きっと猫又ではないと踏んだ人物。

それはバニラです。

バニラは2日目、新聞配達のCOを促しています。

その理由を、進行役がいないこと、

そしてグレー圧迫のためとして。

猫又であるなら、

人狼の安全な噛み先を増やす真似など、まずしないでしょう。

そしてバニラからは、

“自分を噛ませたい”という意思がカケラも感じられません。

むしろ、噛まれることを嫌った狩人のような。

そんなトロール色の濃いログです。

以上の点で、バニラは猫又ではないと判断しました。

驕るつもりはありませんが、確信と言ってもいいくらいです。

しかし……。

どうやら、トラブル発生の模様です。

真占い師であるフェイも、黒出しをしてきました。

これではフェイを、

猫又を怖がって白出ししかできなかった人狼であると黒塗りできません。

くっ……。やるじゃない、フェイ。

アンナは特に黒さはなかったように思うが……、

一体どんな理由で占ったんだろう。

確かにアンナは、ずいぶんと言葉遣いの悪い人みたいだけど。

さて。

とにもかくにも、

フェイとはバチバチに戦わなければならないのね!

ここは、絶対に負けられない。

とりあえず、バニラが新聞配達COを促した場面で、

フェイが特に言及しなかったことを殴ることにしよう。

「ここにバニラとフェイのラインが見える」とか、なんとか言って。

そんな算段をしていると、

人狼ジャッジメント

なんと、バニラが猫又CO

……。

…………。

………………え? ウソでしょ?

あの発言と動きで、猫又だと?

馬鹿な!

そんな馬鹿な!

もしかして、……ハメられた?

バニラは、明らかに猫又の立ち回りではなかった。

それもこれも、自分に黒出しをさせて破綻させるための布石だったとか?

くっ……。やるじゃない、バニラ。

どうしよう。

どうすれば今から、

バニラが偽で、真の猫又が潜伏している線を追わせられる?

そんなふうに、

頭がオーバーヒートしそうなくらい混乱した、その時――

人狼ジャッジメント

なんと、ロディも猫又CO

……。

…………。

………………え? 何が起こってるの?

ロディが猫又CO?

これは何? どういうこと?

そりゃ、バニラよりはロディの方が真っぽいけど。

なんで?

なんで市民陣営の2人が猫又を騙る必要がある? リア狂なの?

ん? “市民陣営”?

……。

…………。

………………ハッ!

何を言ってるの、私!

違う違う、これは市民陣営なんかじゃない!

すっかり忘れてた……。

占い師としての真目を上げることだけしか考えてなくて、

“あの役職”のことがキレイさっぱり頭から抜けていたわ!

そう、バニラの正体。それは、純愛者

スーザンか、

あるいはアンナが愛する先なのでしょう。

バニラにとって、愛する先がスーザンであるなら、

自分に黒出しをしたことで、スーザン=人狼となり、

愛する先がアンナなら、

自分に黒出しをしたスーザンが人狼、フェイが真占い師となり、

そのフェイが黒出しをしたアンナ=人狼、という構図になるわけです。

そしてバニラは、己の勝利は人狼の勝利だと知ると、

潜伏したままの猫又を露わにしてくれました。

私たち人狼のために……!

これが……、これこそが、本物の愛。

殺伐としたこの世界にも、確かなぬくもりは存在したのね。

バニラの素晴らしい機転に感謝と尊敬の念を抱きつつ、

その愛に応えるべく、ここで一気にフェイを攻めます!

 
人狼ジャッジメント はいバニラ吊り~
人狼ジャッジメント おつおつ

とりま占い理由ね

バニラは昨日、グレ圧迫とか言って

謎に新聞出しを促してた

あれは狼の噛み先を増やして

猫を踏むリスクを避けたと見る

人狼ジャッジメント
人狼ジャッジメント  え、待って待って!  

つか、アンナは占い位置じゃないでしょ

明らかに猫又じゃないところに黒塗りした感じ

 人狼ジャッジメント
人狼ジャッジメント アンナ、口も態度もくっそ悪いけどなw  
人狼ジャッジメント  フェイは? 占い理由  
人狼ジャッジメント ロディ猫だったのかー

あたしロディ付きなんだわ。一応出とく

 
   

ここでアンナが、

人狼ジャッジメント

純愛者CO

スーザンがバニラに黒出し、

その黒出しされたバニラが猫又を騙ったことで、

アンナにも、スーザン=一匹狼、

バニラ=純愛者であることが透けたはずです。

それを踏まえての純愛者COは、なるほど上手い。

しかもロディ付きとは。

自分を純愛者とすることで、

まずはフェイの占い結果を破綻させます。

そして、愛する先を猫又のロディとすることで、

純愛者は市民陣営の味方であるという安心感を与えることができます。

安心感を与えるって、地味に重要です。

また、フェイを破綻させることによって、

バニラの偽とロディの真を際立たせることもできます。

何より、アンナが純愛者COしたタイミングって、

メリルがフェイに占い理由を訊いた直後だったですよね。

実はフェイ、アンナの純愛者COに気を取られて、

メリルからの「フェイは? 占い理由」という質問を見逃したんです。

結局フェイがその質問に答えるのは、

しばらくして、再度メリルに問われてから。

しかしそれも、

「一番色落ちがしなかったから」という特に具体性のない理由だったため、

真目は著しく下がってしまいました。

アンナがそれを狙って、メリルの質問の直後に純愛者COしたのか、

はたまた、単なる偶然かは定かではありませんが、

とにかくラッキー。

ただし!

当たり前ですが、

ここでバニラではなく、ロディを処刑されてしまったら、

すぐさまアンナの偽がバレてしまうので、

(純愛者は愛する先が死亡すると後追いをするため)

何が何でもバニラを吊らなければなりません。

幸いにもフェイは今、格段に真目を落としています。

致命的なミスを犯さない限り、このままバニラ吊りの流れになるはずですが……。

いや、油断は大敵。

気を引き締めて、さらにフェイを攻め上げましょう。

 
人狼ジャッジメント 時短して~
人狼ジャッジメント 時短しよー
人狼ジャッジメント 間違ってもロディ吊るなよ

あたしも連れていかれて市民負けるぞ

人狼ジャッジメント あ、これバニラが純愛者か!
人狼ジャッジメント えーと、ロディ吊ったら? どうなる?

まずロディとアンナと誰かの3人が死ぬ

人狼ジャッジメント
人狼ジャッジメント  夜も誰か噛まれて、全部で4人死ぬ計算ね  
人狼ジャッジメント いや、ロディが狼を連れてってくれない限り、

村と狼が2:2になって夜来ないよ

 
人狼ジャッジメント いやー! それだけはやめてー!

俺を戦犯にしないで~!

 
人狼ジャッジメント あたし吊ったら間違いなく村連れてくぞ!

自信あるぞ!

 

フェイは明日、

今日はバニラ吊りで頼むよ

 人狼ジャッジメント
人狼ジャッジメント やめろやめろ! 村はスーザンに投票してー!

バニラ……

キミはここロディ吊り推す場面なんやで……

人狼ジャッジメント
人狼ジャッジメント いやいや!  全目線バニラ純愛者あるでしょw

なんでバニラ純愛者でスーザン付きを追わないの?

 
人狼ジャッジメント えースーザンなんで?  

だってバニラ目線では、

ロディ吊っても道連れ起きないんでしょ?

人狼ジャッジメント
人狼ジャッジメント え、なんで?  
え、「なんで?」ってなんで? 人狼ジャッジメント
人狼ジャッジメント 「なんで?」w  
人狼ジャッジメント 「なんで?」とはwww  
   

「猫又COしているはずのロディを吊って、

それでも道連れ起きなかったら、

ロディが猫又でないことが誰の目にも明らかになるでしょ?」

と、会話を続けようとしたのですが、

バニラが大ボケをかましてきました。

「なんで?」って、

もうそれは、ほぼ自白ですw

しかも、ちょうどフェイが、

バニラ=純愛者でスーザン付き(あるいはアンナ付き)に気付いたタイミングで、

かましてきましたね。

実は、フェイの推理は正解なのですが、

バニラの大ボケのせいで大した印象には残らず、流されてしまいました。

これ、意図してやっているのなら、

バニラ、上手すぎる。

この大ボケが決定打となり、

完全にロディ真、バニラ偽の流れが出来上がりました。

そもそも、黒出しをされたのはアンナとバニラです。

それがいつの間にやら、

バニラ対ロディの猫又真偽にすり替わっていました。

すごい……。

場の流れ、雰囲気を支配すると、

こんなにもゲームを掌握することができるのですね。

と、いうことで、

人狼ジャッジメント

見事、バニラ吊りに持ち込みました。

もちろん道連れは発生せず、全目線でロディ真が確定。

さあ。

夜時間が訪れ、誰を襲撃するか決めなければなりません。

ただ、フェイとロディを噛むと破綻してしまうので、

メリルとヒューの二択になります。

メリルはスーザンの初日白、

ヒューはフェイの初日白です。

どちらを襲撃しても大差はないですが、

こういう時は、

「フェイが人狼だったらどちらを噛むか」という思考を一回挟むべきですね。

フェイが人狼だったら……。

やはり自分を白く見せるため、

まっっったく意味はないけど、

自分の白であるヒューを噛みたくなる、はず。

よし。

ヒューを襲撃するとボタンを入力して、

夜が明けるのを待ちましょう。

仮にアンナがメリルを襲撃すると入力していても平気平気ちょー平気。

なにせ大差はないのですから。

さて。

明日はフェイさえ処刑できれば確定勝利です。

しかし、フェイはバニラが純愛者であると気付いています。

強い説得力を持ってその考察を唱えられれば、

逆転される可能性は十分にあります。

決して攻めの手を緩めることのないように、

ひとつ気合を入れ直しましょう。

そうこうしているうちに、

人狼ジャッジメント

無事、ヒューが襲撃されました。

果たして4日目、勝負は決するのか。

はたまた、5日目までもつれ込んでしまうのか――!

【3日目までの盤面】

人狼ジャッジメント

【占い結果】

フェイ ⇒ ヒュー白、アンナ黒

スーザン ⇒ メリル白、バニラ黒

リリアン ⇒ なし

4日目 ~ Let’s ちゃらんぽらん! ~

4日目が始まりました。

 
人狼ジャッジメント スーザン黒

フェイ黒、言うまでもないね

人狼ジャッジメント
人狼ジャッジメント 今日はアンナ吊りで!

絶対にアンナ吊りで!

 

みんな聞いて!

 人狼ジャッジメント
人狼ジャッジメント なんやなんや?  

私、今からバッチボコにフェイを殴る!

 人狼ジャッジメント
人狼ジャッジメント おー殴れ殴れw
人狼ジャッジメント 頼むから今日で決着つけないで!

それまでにスーザンの黒要素落とすから!

リリアンが死んじゃって霊結果が見れない以上、

もう真っ向勝負でフェイの偽を明かしてやる!

人狼ジャッジメント
人狼ジャッジメント がんばえ~(鼻ほじ)  
   

一晩明けて、冷静に盤面整理ができたのでしょうか。

今日のフェイには確固たるパッションを感じます。

目には目を。

歯には歯を。

パッションにはパッションを。

こちらもありったけのパッションを滲ませて挑みましょう!

さもないと、一気に巻き返されてしまいます!

 
人狼ジャッジメント まずスーザンは、

初日からやたら狼の噛み位置を気にしてる

狼であるがゆえに、猫又踏むのを怖がって

無意識に何度も口に出ていると見る

捏造おつ

役職が露出すると、それだけ狼にとって

安全な噛み位置も増えることを懸念していた

これは上記にもはっっっきり書いてる

バニラが新聞を出そうとしたところにな!

人狼ジャッジメント
人狼ジャッジメント 噛み位置、噛み位置って明らかに言い過ぎw  

えー……? なんじゃそれ

ここにきて雑殴りとか……

 人狼ジャッジメント
人狼ジャッジメント 雑殴りじゃないよ

ちゃんとした黒要素だよ

 
いや……、捏造と雑殴りにしか見えんよ

むしろフェイはバニラの新聞配達出しを

完全スルー、ノーコメントもいいとこだったな

相方のバニラのトロールにかなり混乱していたと見る

 人狼ジャッジメント
人狼ジャッジメント それなw 自分でログ見返して、

確かになーんもリアクションしてないことに気付いたよw

でしょw

人狼ジャッジメント
人狼ジャッジメント でもそれは当然バニラのトロールに混乱したとか、

そんな理由じゃないよ

単純に静観してただけ

 
 あーなんか、そういう言い方されると、

「真占いだから余裕なんです~」的な感じするw

 人狼ジャッジメント
人狼ジャッジメント そりゃ真ですからw  

おい!

堂々と嘘つくなw

人狼ジャッジメント
   

ははーん。

フェイの“自分を白く見せるための発言”

その方向性が分かった気がします。

人狼ゲームにおいて真の占い師とは、

実は案外、“ちゃらんぽらん”な感じだったりします。

寡黙だったり、

やたらと草を生やしたり、

「それ考察? ただの雑談じゃね?」というような話題を持ちかけたり。

それは、真の占い師であるがゆえの余裕から来るもの、

また、狂人など装って人狼の襲撃を避けるための手段なのですが、

つまり、

このフェイは、その“ちゃらんぽらん”を演出したいわけです。

そしてこれは、個人的な経験から言えることですが、

占い師が2人COした状態で、

一方が“ちゃらんぽらん”、もう一方が“真面目”、などという構図である場合、

なぜか“真面目”の方が黒く見えてしまうものなのです。

コレ、人狼ゲーム経験者なら、

盛大に「わかるわかるw」と首を縦に振ってくれると思います。

きっと、何かしらの人間心理が働いているのでしょう。

真面目にやるだけ真目が下がるって、どないやねんって話ですよ。

というわけで、結論。

フェイが“ちゃらんぽらん”で襲来するのなら、

こちらは絶対に“真面目”で迎撃してはなりません。

なんだったら、

私だって“ちゃらんぽらん”を演出しちゃいましょう!

なにせ真占い師はこのスーザンなんですからね(自己暗示)。

市民陣営としては、あとはフェイを処刑してしまえば勝ちなのですから、

ここは真占い師らしく、

余裕たっぷりな態度を示すべきです。

それでは、いざ!

Let’s ちゃらんぽらん!

 

フェイどうする? 一応延長しとく?

人狼ジャッジメント
人狼ジャッジメント えー、なんで私に聞くの?  

いや、まだ捏造と雑殴りしたいのかなと思ってw

 人狼ジャッジメント
人狼ジャッジメント まだそれ言う?w

れっきとした黒要素だっつのw

 
噛み位置! 噛み位置! 噛み位置!  人狼ジャッジメント
人狼ジャッジメント スーザンがバグった

「噛み位置」って言い過ぎなんだとさー

これが黒要素なんだとさー、フェイ曰く

 人狼ジャッジメント
人狼ジャッジメント まぁ確かに、

狼だったら絶対猫踏みたくねーだろうしな

 
 村側としては踏んで欲しかったけどなー

猫又の醍醐味ってそこじゃん

 人狼ジャッジメント
じゃじゃじゃーん  人狼ジャッジメント
人狼ジャッジメント スーザンがバグった(part2)  

いやー、

バニラ黒を見つけた時点で仕事終わったから

なんか気ぃ抜けちゃって

 人狼ジャッジメント
人狼ジャッジメント フェイもよくあたしに黒出しできたよな

猫又かもしれんのに

 

人狼ジャッジメント アンナは黒ですー

スーザンとは違ってきっちり占いましたですー

 

おいコラ、人をニセモノ呼ばわりすんな

このニセモノが」#゚□゚)」

人狼ジャッジメント
人狼ジャッジメント 猫又かー

ジェイが猫だと思ってたんだよな、実は

最村だったし

 
人狼ジャッジメント 私もジェイ猫だと思った

バニラもそう思って猫又COしたのかもね

 
人狼ジャッジメント あーそれあるかも  
人狼ジャッジメント ないない、絶対ないw

バニラ純愛者だっつの

 
人狼ジャッジメント で、乗っ取り失敗で爆死w  

ロディよ

人狼ジャッジメント
人狼ジャッジメント

なによ

 

ありがとよ

人狼ジャッジメント
人狼ジャッジメント

……なによ//////

 
   

ふむ。

テキトーで、いい加減で、悪ノリも全開。

これぞちゃらんぽらん。

真面目に論破したい気持ちをグッと堪えて、

頭の悪そうな言葉遣いを故意に多用します。

ふざけているようにしか見えなくても、

その実、しっかりと脳みそを働かせています。

スーザンも、そしてフェイも。

……だが、しかし。

フェイには、

というか市民陣営には気の毒ですが、

“スーザン=真、フェイ=偽、アンナ=純愛者”の流れは覆りそうもありません。

それほどまでに、昨日のバニラの立ち回りは神がかっていました。

さあ、そのまま投票時間に突入し、

人狼ジャッジメント

満場一致でフェイを処刑することに成功しました。

残ったのは市民陣営のロディとメリル。

そして、人狼のスーザンとアンナ。

市民と人狼が同数となり、夜時間すら訪れることなく、

画面には人狼勝利の文字がでかでかと表示されます。

よっしゃあ!

黒猫ニックの霊能者対抗で、一時は冷や汗タラタラでしたが、

純愛者バニラの大いなる愛によって、すべてが救われました!

市民陣営のみんな(&ニック)は、

この人狼勝利の画面にさぞや面食らったことでしょう。

その驚きの声を聞くためにも、

早速チャットを覗いてみます。

 
人狼ジャッジメント ドンマイ、フェイ
人狼ジャッジメント フェイは頑張ったよ
人狼ジャッジメント

マジでバニラ純愛者か!

人狼ジャッジメント

あーミスリ! マジごめん!

人狼ジャッジメント だ か ら 言ったじゃーーん( ;∀;)  

バニラありがとう! 愛してるぅ♡

 人狼ジャッジメント
人狼ジャッジメント スーザンこそ、

あたしに黒出しとかナイスすぎ♡

 
人狼ジャッジメント バニラ、誰付きだったの?
人狼ジャッジメント アンナ付き

だからあたしに黒出したスーザンが偽、

フェイが真って分かったんよ

 
人狼ジャッジメント あーなるほど!その真のフェイがアンナに黒出したから、

自分も狼の味方しなきゃ、ってなったのね!

 
人狼ジャッジメント しかも、猫又をあぶり出すってサービス付きでな  

人狼ジャッジメント ぎゃあああ!!

見事にあぶり出されましたああ!

 
人狼ジャッジメント バニラすげー! マジすげー! 神♡  
人狼ジャッジメント アンナもサンキュ!

純愛者COめちゃ上手かった!

 

本物の愛を見たわ♡

人狼ジャッジメント
人狼ジャッジメント

フッ……、まぁこれくらいはね

 
   

チャットは称賛の声でいっぱいでした。

勝った人狼陣営はもちろん、

負けた市民陣営も、口々にバニラを誉めそやしています。

そりゃそうだ。

こんなカッコいい純愛者、初めて見たもん♡

残念ながら、ニックは完全に落ちていたようで、

墓場にも試合後のチャットにも姿を現しませんでした。

彼には一言だけ、

考察どころか、おはようスタンプとCOボタンしか押さないのはいかがなものか、

ということを伝えたかったのですが、

まぁ、仕方ありません。

もしまたどこかで一緒になる機会があったなら、

その時こそ、投げやりなプレイをしないで欲しいところです。

他ならぬニック自身のためにも、ね!

そんなこんなで、GG。

次回も心躍るゲームに出会えますように。

 

【最終盤面】

人狼ジャッジメント

【占い結果】

フェイ ⇒ ヒュー白、アンナ黒、スーザン黒

スーザン ⇒ メリル白、バニラ黒、フェイ黒

リリアン ⇒ なし

 スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ああ より:

    このブログおもしろい

    • リサ より:

      返信が遅れてしまい申し訳ございません

      コメントありがとうございます(*ˊᗜˋ*)ノ
      更新は遅々としておりますが、
      細く長く続けていきたいと強く思っています!

  2. フェイ君 より:

    戦いの記録3つ読みました面白かったです!
    文章と臨場感が伝わって来ます、また記録が増えたら読みに期待です( ´ ▽ ` )ノ

    • リサ より:

      コメントありがとうございます。
      返信が遅れてしまい申し訳ございませんm(_ _)m

      お褒めいただき大変光栄です(❀ᴗ͈ˬᴗ͈)⁾⁾
      「名試合を書き残したい」という熱意は確かにありますので、
      細々とした更新ではありますが、
      どうか飽きずに、このまま見守って頂ければ幸いです。