【人狼J】 役職説明・解説 【猫又】

 スポンサーリンク

猫又

人狼ジャッジメント©sorairoより引用

陣営 市民陣営
カウント 市民として数える
勝利時役職ボーナス 8pt

占い師 人狼でない
霊能者 人狼でない
子狐 人狼でない
賢者 猫又
妖術師 猫又
賢狼 猫又

昼時間の処刑 ⇒ 陣営を問わず全ての生存者の中から一人を道連れ

夜時間の襲撃 ⇒ 人狼の中から一人を道連れ

昼時間に処刑されると、陣営を問わず全ての生存者の中から一人を、

夜時間に襲撃されると、人狼の中から一人をランダムで道連れにすることができる。

正体をCOしても処刑されにくい、そして人狼からも襲撃されにくい。

さらには、死亡した際に道連れのアクションが入るため、

真である証明がしやすいという、市民陣営にとって至れり尽くせりな役職である。

猫又が処刑されると、その道連れとして別の猫又が死亡することがあるが、

道連れの猫又が道連れの能力を発動させることはない(つまり死亡者は2人)。

また人狼や暗殺者などによって、夜時間に2人以上の猫又が死亡した場合、

ランダムで道連れにする人狼が重複することもある。

基本的な立ち回りとしては、とにかく潜伏したまま狩人などを匂わせる発言をし、

人狼に襲撃されることを待つ。

ただし、人狼が処刑の指定をされた際に、

猫又をCOして回避しようとする場合がある。

真猫又が対抗COしなければ人狼の乗っ取りが成功し、

一気に形勢が逆転してしまう可能性があるので要注意。

人狼陣営である“黒猫”は、この猫又と能力が似ているため、

混同しないようにしっかり理解しよう。

⇒能力が似ている役職 黒猫 わら人形 人狼キラー サイコ

 スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする