【人狼J】 役職説明・解説 【呪われし者】

 スポンサーリンク

呪われし者

人狼ジャッジメント©sorairoより引用

陣営 市民陣営 (※襲撃を受けると人狼陣営に準ずる)
カウント 市民として数える (※襲撃を受けると人狼陣営に準ずる)
勝利時役職ボーナス 8pt (※襲撃を受けると人狼に準ずる)

占い師 人狼でない
霊能者 人狼でない
子狐 人狼でない
賢者 呪われし者
妖術師 呪われし者
賢狼 市民 (※襲撃すると人狼になる)

ゲーム開始時は“市民”、

夜時間に人狼の襲撃を受けると、死亡せずに“人狼”へと変化する役職。

呪われし者であるかどうかは、自分自身にも分からない。

賢者や妖術師に占われると、“呪われし者”と出る。

占い師や賢者による占いと、人狼による襲撃が同じ夜時間に行われた場合、

占いは白と出るにも関わらず、

翌日には人狼に覚醒しているという極めて美味しい状態になる。

長老と同時に入村し、その長老が死亡した際は、

呪われし者が人狼の襲撃を受けても人狼に変化することはなくなり、

そのまま市民として死亡する。

女王と同時に入村している場合、

呪われし者はゲーム開始時には“市民”とされているので、

当然、女王が誰であるかも分かる。

それゆえに、夜時間の襲撃で市民から人狼に覚醒した際、

女王が誰であるかを密告することで、人狼陣営に大きく貢献できる。

なお人狼は、たとえ墓場にいたとしても、

呪われし者の覚醒(人狼が増えていること)を確認できる。

 スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする