【Q&A】狂信者、ささやく狂人、人狼が占い師COしたら、 潜伏した仲間の人狼をいつ囲うべき?

 スポンサーリンク

狂信者、ささやく狂人、人狼は、

ゲーム開始直後に人狼が誰なのかを知ることができます。

この3つの役職が占い師の対抗でCOした場合、

潜伏した仲間の人狼に白出しをするか、しないかをまず考えなければなりません。

どの陣営の目線においても、占い師と対抗の内訳が、

・真の占い師と狂信者

・真の占い師とささやく狂人

・真の占い師と人狼

以上3つの組み合わせのいずれかである可能性が高い場合、

占い師の白出しは囲いと見て、処刑の対象にもなり得ます。

あえて仲間を囲わない、あるいは逆に黒出しをするという戦略もありますが、

もしも“囲う”という選択をしたなら、果たしていつ囲うべきなのか。

当然それは盤面の状況、また各々の占い師の信頼度によって様々ですが、

多くの場合、それは2回目以降に行われるようです。

つまり、1回目にいきなり人狼を囲うことは少ない、ということです。

それはなぜか。

例えば、自分が騙りの占い師だったとして、

Aという人狼に白出しをしたとします。

騙りの占い師にとって最も警戒すべきは、

真の占い師に、このAを占われてしまうこと。

いわゆる、漂白占いです。

Aは人狼なのですから、

真の占い師が占えば、当然黒という結果が出ます。

そうすると芋づる式に、自分が騙りの占い師であることも知られてしまいます。

囲いが発覚するということは、

人狼陣営のうちの2人が確実に露見することと同じだからです。

1回目でAを囲い、同じ日の夜時間に真の占い師がAを漂白占いしたとすると、

最速で翌日の昼時間には囲いが発覚してしまいます。

騙りの占い師は、その囲いの発覚を防ぐ、

または、できるだけ遅らせなければなりません。

そのため、1回目にいきなり人狼を囲うことはあまりない、というわけです。

ただ何度も言うように、

盤面の状況、また各々の占い師の信頼度によって、

囲いをすべきタイミングは変わります。

正解はありません。そして、セオリーを崩してこそ見える勝ち筋もあります。

最近はこの戦略を見越して、

1回目にいきなり人狼を囲うことも多々あります。

 

1回目に囲ってしまえば、

ゲームの序盤から人狼に騙りの占い師であると気付いてもらえます。

さらに、囲われた人狼は吊り位置から外れることになります。

メリットの数だけで言えば、2回目に囲うより多いです。

 

迷ったら、1回目。

とりあえずはこのスタンスで間違いはないです。

 スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする