【人狼J】 役職説明・解説 【新聞配達】

 スポンサーリンク

新聞配達

人狼ジャッジメント

人狼ジャッジメント©sorairoより引用

陣営 市民陣営
カウント 市民として数える
勝利時役職ボーナス 8pt

占い師 人狼でない
霊能者 人狼でない
子狐 人狼でない
賢者 新聞配達
妖術師 新聞配達
賢狼 新聞配達

2019年3月29日に配信された新役職の1つ。

直前の夜時間、“無残”に死亡した人物の死因を知ることができる。

初日にサイコを占った占い師、初日に占われた妖狐、

罠にかかった人狼、もしくは狩人、

毒殺や仮死、また怪盗に盗まれて死亡した人物の死因も同じように知ることができる。

恋人や双子が夜時間に襲撃されて後追いが発生した場合、

1人は人狼による襲撃、もう1人は後追いであることも明記される。

ただし、わら人形の道連れなどで“死亡”と判定された人物の死因は知ることができない。

夜時間に死亡した人物の死因は、翌朝にGMから知らされる。

(このGMからのメッセージは、

新聞配達が生存している限り村の全員が見ることができる)

配達の回数は、1回きりか毎朝か、屋敷の設定の“配達の回数”で変更できる。

1回を選ぶと、任意のタイミングで新聞を届けることができる。

かなりの情報量を得られるため、

配役や盤面の状況によっては、占い師や霊能者より優先的に護衛すべき重要な役職。

それに比例して、人狼が襲撃を仕掛ける確率も非常に高くなるため、

新聞配達を匂わせる発言は厳禁となる。

ただし、新聞配達が生存している限りはGMから死因が知らされるため、

対抗COも乗っ取りも出現しにくいという大きな強みもある。

市民陣営の中でも特に強力な役職の1つ。

⇒能力が似ている役職 パン屋 名探偵

 スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする